ヤン・シュヴァンクマイエル展

ヤン・シュヴァンクマイエル展へ。
前期と後期があるのですが今回は前期。
昔、たしか横浜?で展覧会を観て。
詳しいことは覚えてないものの、なんだかよかった、記憶有り。
というわけで、今回行ってきました。

何度も出てくるのですが。
影絵のようなシルエットだけの人物の身体に、ゾウリムシみたいなのがいくつか書き込んである絵。まるでそのゾウリムシが感覚器官であるように私は感じ。
私はその人物(ときどき動物や無機物)になって、その感覚器官から感じてるような感覚になりました。
すると、そのシーン(例えばアリスのワンシーン)で、その人物が感じたであろう感覚が味わえるのです。
脳で感じたり、内臓で感じたり、子宮で感じたりする、ような。

また版画のコーナーで、色彩を観ていたら…目をつぶると、身体の中でふわーっと色や形が蘇って立体化するんですよ(私だけか…?)。
めっちゃ楽しい!

普通想像したことは、脳内で蘇るんですが。
今回は、胸とか内臓とかなんかそのあたりで蘇ってくる感覚がして。
ちょっと気持ち悪い気もしなくもないけど、やっぱり新感覚でおもしろぃい!

若干挙動不審だったかもしれませんが、気にしない!シュヴァンクマイエル好きな人たちならわかってくれるはず(笑)

近々公開される映画も観たいな♪

るん♪
面白かったです!
後期も行っくぞー♪
[PR]
by ginyushijin | 2011-08-14 17:20 | つれづれ
<< 勉強 10月1日土曜日 大阪吹田 中... >>